top of page
  • ALOE

SDGs: まちのちいさな図書館 (としょかん)

更新日:2023年9月2日

みなさんは、本 (ほん) を読 (よ) むのは お好 (す) きですか?


ここ名古屋 (なごや) では、愛知県図書館 (あいちけんとしょかん) 、名古屋市立 (しりつ) 図書館、名古屋国際 (こくさい) センターのライブラリー、あいち国際プラザの図書 コーナーなど、いろいろな公共施設 (こうきょうしせつ) で本を借 (か) りることができます。


そのような図書館のほかに、国内 (こくない) には、さまざまな私設 (しせつ) 図書館が、少 (すく) なくとも100以上 (いじょう) もあるのを ご存知 (ぞんじ) ですか?多 (おお) くは、小 (ちい) さな図書館なので、マイクロライブラリーとも 呼 (よ) ばれています。


最近 (さいきん)、名古屋市内に新 (あたら) しいマイクロライブラリーが誕生 (たんじょう)したので、その紹介 (しょうかい) をします。


南区 (みなみく) 笠寺観音 (かさでらかんのん) の参道 (さんどう) の空 (あ) き店舗 (てんぽ) を、大学生 (だいがくせい) や 町 (まち) の人 (ひと) たちが 改装 (かいそう) してつくったのが、「かさでらまち箱 (はこ)」 というスペース。この中 (なか) に、マイクロライブラリーの「casa della biblioteca (かさでら図書館) 」ができました。


お茶 (ちゃ) を飲 (の) みながら、座 (すわ) って ゆっくり本を読むことが できます。もちろん、本を借りることも できます。本棚 (ほんだな) には、一箱 (ひとはこ) 本箱 (ほんばこ) オーナーのスペースもあるので、そこで売 (う) っているもの を 買 (か) うこともできます。図書館のとなりのスペースでは、地元 (じもと) の老舗 (しにせ) の和菓子屋 (わがしや) さんが お店をだしています。


かさでら図書館は、まちの活性化 (かっせいか) に一役 (ひとやく) 買 (か) っていて、読み聞 (き) かせ、古本市 (ふるほんいち) といった イベントもあるようです。大人 (おとな) も子供 (こども) も集 (つど) う まちのちいさな図書館、素敵 (すてき) ですね。



参考:

casa della biblioteca (かさでら図書館)

名古屋市南区笠寺町西之門12






閲覧数:51回

Comments


bottom of page