• ALOE

日本(にほん)のプラごみを減(へ)らそう!

「過剰包装(かじょうほうそう)を、やめた方(ほう)が いいです。」


日本人(にほんじん)へ伝(つた)えたいこと について、日本語教室(にほんごきょうしつ) の学習者(がくしゅうしゃ)さんに、インタビューしたとき、言(い)われたことです。みなさんは、日本が 自国(じこく)の プラスチックごみを アジアの国々(くにぐに)へ 輸出(ゆしゅつ)しているのを 知(し)っていましたか。「過剰包装」という言葉(ことば)は、わたしの心(こころ)に ささりました。


わたしは、お買い物(かいもの) に いくときは いつもエコバッグを 持(も)っていきます。レジ袋(ぶくろ)は使(つか)わず、プラスチックゴミ削減(さくげん)に とても貢献(こうけん)している つもりでした。でも、買(か)った商品(しょうひん) は ビニール包装(ほうそう)されているものばかり、、、。プラごみを もっと減(へ)らすには どうしたらいいのだろう?と 考え込ん(かんがえこん)で しまいました。


そんなとき、過剰包装を 減(へ)らす 取り組み(とりくみ)を しているスーパーが あると聞(き)、ビオ・あつみ エピスリー豊橋(とよはし)へ いってきました。そのお店の キーワードは、「量り売り(はかりうり)」と「マイ容器持参(ようきじさん)」。


ナッツや豆(まめ)といった 乾物(かんぶつ)だけでなく、醤油(しょうゆ)、料理酒(りょうりしゅ)、ごま油(あぶら)、味噌(みそ)など、調味料(ちょうみりょう)も 量り売り。さらに、魚売り場(さかなうりば)へ マイ容器をもっていくと 割引(わりびき)があります。マイ容器に魚。これは、目(め)から鱗(うろこ)でした。


うちの近所のスーパーでは、肉(にく)や魚は、必(かなら)ずプラスチック包装されています。マイ容器で 購入(こうにゅう)できれば、プラごみを ずいぶん減らすことが できます。


マイバッグ持参が浸透(しんとう)できたのですから、次(つぎ)は 「量り売り」や「マイ容器持参」が 日本(にほん)に もっと広(ひろ)まるといいなと 思(おも)いました。


参考URL

プラごみ輸出

https://2r-ecotown.kyoto-gomigen.jp/plastic-waste/

ビオ・あつみ エピスリー豊橋

https://toyohashi.bioatsumi.com




閲覧数:19回